MENU

にきびと食べ物

にきびはホルモンのバランス、ストレス、睡眠不足、不規則な食生活などさまざまな原因により発生します。

 

にきびの原因の1つに偏った食生活があげられます。
食生活を見直してにきびを予防しましょう。

 

にきびが発生する原因となる食べ物には次のようなものがあります。
・ 甘いものの摂り過ぎ
チョコレートやケーキ、あんこなどの糖分の多いものを摂り過ぎすぎると皮脂の分泌量が増えてにきびの原因となります。
・ お酒の飲みすぎ
お酒の飲みすぎもにきびの原因となります。これはお酒には糖分がたくさん含まれているからです。
・ 脂肪分の摂り過ぎ
揚げ物を食べ過ぎたり、肉類、ビーナッツやアーモンドなどのナッツ類を食べ過ぎると皮脂の分泌量が増えにきびの原因となります。
・ 辛いものの摂り過ぎ
辛いものは刺激が強いため摂り過ぎると胃が荒れてにきびの原因となります。また辛いものは血行を促進するためにきびを刺激し炎症を悪化させてしまうこともあります。
・ コーヒーの飲み過ぎ
コーヒーは皮脂腺を刺激し皮脂の分泌量を増加させるためにきびの原因となります。飲み過ぎには注意しましょう。
・ スナック菓子の食べ過ぎ
スナック菓子は脂っこいものや甘いものが多いため食べ過ぎると皮脂の分泌量を増やしにきびの原因となります。

 

にきび予防にいい食べ物には次のようなものがあります。
・ ビタミンB2
ビタミンB2は細胞の再生・成長を促進する働きがあり、皮膚を作るのに欠かせないビタミンです。また糖質や脂質の代謝をスムーズにするために欠かせないビタミンでもあります。
ビタミンB2を含む食品に牛乳、レバー、納豆、ほうれん草、さば、うなぎ、卵などがあります。
ビタミンB2をしっかり摂ることがにきび予防につながります。ビタミンB2は水溶性ビタミンで水に溶けやすく、たくさん摂っても蓄えておくことができません。一度にたくさん摂るのではなく毎日バランスよく摂りましょう。
・ ビタミンB6
ビタミンB6は皮膚を作るのに欠かせないビタミンです。またビタミンB6は免疫機能を正常に保つ働きもあり、にきび予防に欠かせません。
ビタミンB6を含む食品にはイワシ、サバ、サンマ、マグロ、豆類などがあります。ビタミンB6は青魚に多く含まれています。
・ ビタミンC
ビタミンCは肌に張りをもたせる働きや免疫力を高め風邪や感染症を予防する働きがあります。張りがある肌に欠かせないビタミンCはにきび予防に欠かせないビタミンです。
ビタミンCを含む食品には赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、レモン、キウイ、イチゴ、ミカン、芽キャベツなどがあります。

 

にきび予防には脂肪や糖質の多いものや刺激の強いものを控え、ビタミンをしっかりとりバランスの良い食事を心がけることが大切です。

にきびと病院

 

にきびが出来て病院へ行く人というのはどれくらいいるのでしょうか。にきびが出来たら、放っておくという人が多く、または市販されている薬を購入してケアするという人も多いといわれています。にきびが出来てしまった場合には、病院へ行くという人は少ないかもしれませんね。にきびが出来てしまって病院へ行く場合には、皮膚科を受診するということになりますが、皮膚科へ行けばにきび治療をしてもらうことができます。にきびが出来た人の中には間違ったにきびの治療方法を自分で荒療治として行っている人もいるのですが、たとえばどんな方法かというと、荒療治として、自分でにきびを潰してそして中の膿を出してしまうという方法です。
潰して膿を出すことでにきびが早く治療できますが、それはやってはいけないことです。自分で潰すということは肌を傷つけることになりますから、肌が傷ついてその部分が跡になったり、悪化する可能性があります。
にきびが出来やすい体質の人というのは早めに病院へかかる習慣をつけておくと悪化するのを防ぐことができますからいいと思います。なかなか病院へ行くのがおっくうだという人もいるかもしれませんが、早めの受診がにきび悪化を防ぐのです。

 

にきびと洗顔

 

にきびである人は洗顔はほかの人よりもしっかりと行った方がいいでしょう。にきび洗顔と呼ばれる洗顔方法もありますから、にきびの人というのは、人一倍洗顔には気を使いましょう。たとえば皮脂の分泌が活発だったり、毛穴が詰まっていたりすると、にきびというのはできやすいと思いますから、洗顔で皮膚の状態を清潔に保つ必要があるのです。そのためにはにきびの原因をきちんと理解したうえで、自分のにきびと、肌の状態を考えて洗顔をしなければなりません。洗顔の回数をただ増やすだけがいいのではなく、洗顔の方法、洗顔料をどうするのかということまでしっかりと選ばなくてはいけません。
にきび肌の人が洗顔料を選ぶ場合には、スクラブや、肌にきついタイプのもの、皮脂を取り過ぎるタイプのものは避けた方がいいですね。洗顔剤を使った後に肌のバリアがとれてしまうとにきびになりやすいのです。にきび用の洗顔料も今はたくさん販売されていますから、肌に優しくて、肌を傷つけないような洗顔料を選ぶのがいいでしょう。一番の理想は洗いすぎず、それでいて清潔を保つということです。肌には常に適度に皮脂を残しながら清潔を保つことがにきびにとっては一番いい状態で正しい洗顔になります。